痛みの治療ラジオ波 | 熱田区・ 熱田・日比野駅 ときわ接骨院・鍼灸院 フィジカルラボ

お問い合わせはこちら

痛みの治療ラジオ波

ラジオスティム

2つの異なる電極間(電極とアーム)で体を挟み筋肉や脂肪層まで奥深く届く(波長が長く周波数が低い0.3MHz~0.5MHz)という高周波によって体内の水分や細胞分子などを振動させて「ジュール熱(摩擦熱)」を発生させます。
これによって表面ではなく深部から熱源を発生し、身体全体に温度を上昇させ、手技では届かない体の深部の頑固な張りや凝り、痛みといった筋緊張を効率よく治療・改善することができます。

※注意※
ラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い、高周波のことです。
医療分野でも広く使用されているもので、人体に影響はありません。

ラジオスティムはこんな方におすすめです。

ラジオスティムの効果

体内温度を1℃上げてください

あなたが知らない体内温度の低下。
体内温度が1℃下がるとこんなにもあぶない!

理想の体温は、脇の下の体温で、36.5℃度前後と言われています。
これは体内温度が37.2℃度あるということになり、これが生命力が最も活発になる体温です。適正な体温が内臓などの活動を支える酵素の働きを活性化させ、細胞の新陳代謝を活発にしてくれます。
逆に言えば、1℃体内温度が下がると様々な悪影響が発生します。

● 血管収縮 ⇒ 血液循環力ダウン

体が冷えていると、血管が収縮して体に血液が行き届きません。
血液は体に必要な栄養・酸素・水や白血球などの免疫物質を運んでいるため、その流れが滞ると体に様々な悪影響を及ぼします。

● 基礎代謝 12%ダウン

基礎代謝とは体を横にして安静にした状態で人間が最低限生きていくために消費するエネルギーのこと。
人間が消費するカロリーのうち約6~7割は基礎代謝。この基礎代謝が1割以上も落ちるということは単純にそれだけ太りやすくなるということです。

● 免疫力 30%ダウン

免疫力が下がると、さまざまなウィルスや細菌による感染症にかかりやすくなります。
また、抵抗力が下がって、カゼやインフルエンザが流行するとすぐにかかってしまったり、いったん引いてしまうと重症化してしまうことがあります。

あなたの冷え℃チェック

★ 下記項目のうち、5つ以上当てはまれば要注意!

体の冷えから起こる女性特有の疾患

血の巡りが悪くなると、女性特有の生理痛などはもちろん、腰痛や肩こり、関節痛、アトピー、めまいに頭痛を引き起こします。
また、ダイエットしても痩せにくかったり、肌にも影響が出てきます。女性の身体が冷えやすい原因というのは、男性に比べて熱を作り出すため(基礎代謝)の筋肉が少なく、さらに女性は排卵や月経の周期があるので、男性よりもホルモンの分泌が複雑になっています。
また、月経時には身体の代謝機能が弱まっていることや、一時的に貧血になっているということも原因のひとつと言われています。